ハンドメイドの布ナプキンもある

カテゴリ

ニュース一覧

2017年08月23日
生理の苦痛を和らげてくれる布ナプキンを更新。
2017年08月23日
紙よりも布のほうがメリット満載を更新。
2017年08月23日
ハンドメイドの布ナプキンもあるを更新。
2017年08月23日
布ナプキンの方が経済的な理由を更新。

布ナプキンの通販は色々なものが売っている

人間の体の中で、最も経皮吸収率が高いのが陰部です。腕の皮膚を基準にして考えると、陰部はその42倍という数字です。それなのに、その陰部に直接当てて使用する紙ナプキンはパルプや吸収促進剤、消臭剤や香料など化学物質でいっぱいなんです。コンビニで気軽に買える紙ナプキンよりも、体に優しく環境にも優しいおすすめの布ナプキンに変更する人が多いのも頷けますね。
国内でも布ナプキン専門店は増えていますし、通販にも対応しているので全国どこからでも素材と使い心地にこだわった布ナプキンを買うことができます。布ナプキンも紙ナプキンに負けず劣らずタイプが細分化されているので、経血の量や使いやすさに応じて最適なものを選べるのでおすすめです。多い日用や普通の日用、夜用の他、おりものシート代わりに使えるものもありますよ。
生理用ナプキンよりも使う日数が多いおりものシートも化学物質が多いですが、布製のおりもの用ナプキンがあれば有害物質のことを気にせずに、下着を汚さないために使うことができますね。布ナプキンは手作りすることも可能です。専門店では完成品の布ナプキンの他、手作りキットも販売されています。ハンドメイドが好きな人は、自分だけのオリジナルのナプキンを作ってみるのもおすすめできます。

通販でなら沢山の種類が揃ってる

実店舗でたくさんの種類の布ナプキンを扱っているお店が私の家の近所にはありません。少しだけおいてあるようなところなら幾つかありますが、ネットで見るほど色んな種類を扱っているお店はありません。なので自然と、人からおすすめされた通販を利用しています。私の母も布ナプキンを使っていますが、ドラッグストアなどで買っているので、吸収体一体型のスナップボタン付きのタイプか、一回り小さいライナータイプのものしか知りません。
私は、インターネットで買っているのでいろんな種類のものを持っていますし、他にもあれが欲しいな、おすすめと言うけどこれはどんな風なのかな、なんてどれもこれも欲しくなってしまいます。どれもこれも柄が可愛いものが多くて見ているだけで楽しく、人におすすめしたくなります。特にプレーンタイプになると組み合わせをどうしようかって考えるのもワクワクします。
始めは冷え性改善のために生理時だけに利用していましたが、今ではライナーとして毎日利用しています。母にも通販を勧めたいけれど、インターネットができないので無理そうです。でも母にもこのワクワクを味わってもらいたいです。私の、使用済みのものを色々見せるのにはちょっと抵抗があるので、いまだに母は2種類の布ナプキンしか知りません。今度私が新しく数種類注文した時に、新品の状態で見せてあげようかな、と思います。